タヒチ島で、自然の美しさと最高の思い出を探せ!

タヒチ島

日本からタヒチ島の行き方

ウィンドワード諸島のタヒチ島への旅行は、フランス領ポリネシアのポーランド島から行くのが一番便利です。
まずは、日本からフランス領ポリネシアのポーランド島へ行く必要があります。空路で行く場合、横浜、成田、羽田からフランス領ポリネシアのポーランド島へ行く航空便があります。航路によっては、中継が必要な場合もあります。
次に、フランス領ポリネシアのポーランド島からタヒチ島へ行きます。フランス領ポリネシアのポーランド島からは、飛行機または船で行くことができます。飛行機の場合、フランス領ポリネシアのポーランド島からタヒチ島へは、約2時間半かかります。船の場合は、約24時間かかります。
フランス領ポリネシアのポーランド島からタヒチ島への旅行では、滞在先を決める必要があります。タヒチ島には、ホテルや宿泊施設などがありますので、事前に予約すると便利です。

おすすめの観光スポット

1. ポンテ・ノーウェ (Pont-Neuf):タヒチ島で最も有名な観光地で、美しい砂浜と水辺の観光スポットです。海辺の公園や歴史的な建物など、様々な施設があります。
2. ティアウ・タワー (Tia Tower):タヒチ島の首都、パピーニュの中心部にある高さ50mの観覧タワーです。360度の眺望を楽しめます。
3. パピーニュのポイント・ア・プティ (Pointe-a-Pitre):タヒチ島の首都パピーニュを代表する観光地で、古代の歴史的な建物や、街の中心部にあるプレース・デ・ラ・コンコルディエ(Place de la Concorde)などがあります。
4. カナブ・ソロン・ミュージアム (Kanab Solon Museum):タヒチの伝統的な文化を学ぶのに最適な場所です。伝統的な服装や工芸品などが展示されています。
5. ティアウ・デ・ラ・レ・タイターン (Ti’ah de La Re Ti’tan):タヒチ島の文化を体験できる場所です。伝統的な太鼓や踊り、古代の歴史を学ぶことができます。

タヒチ島を訪れたら食べたいおすすめの料理

タヒチ島でおすすめの料理は、「ポウ・アイテ(Pou I’a)」と呼ばれる料理です。
この料理は、タヒチ島独特の料理で、本来は豊かな海から採れた魚介類を使って作られています。
魚介類と、豚肉や他の野菜を使って作られたソースを混ぜ合わせて、鍋に入れて煮込んだものです。
ソースには、タヒチ島特産のラムサール(limes)、ニンニク、オニオン、ガーリックなどを使って作られています。
ポウ・アイテは、タヒチ島では有名な料理として親しまれています。
あまり知られていないので、試してみることをおすすめします!

タヒチ島を訪れたら気を付けておくこと

1. 熱帯病の予防:タヒチ島は太平洋の暖かい海に抱かれた熱帯の島であるため、熱帯病を防ぐためには、蚊帳、スプレー、ロングスリーブの帽子などを装備して日焼け止めをして外出するようにしましょう。
2. 海水中に注意:タヒチ島の海は美しくて魅力的ですが、海水中には多くの危険な生物がいます。泳ぐ前に環境を確認し、ツメやウミガメなどの海の水族館のような生物を見つけたら、十分な距離を置いて近づかないようにしましょう。
3. 気象状況を確認:タヒチ島では、熱帯低気圧など気象状況が変動しやすいため、常に気象情報をチェックする必要があります。悪天候による災害や海難などを避けるためにも、気象状況を確認することが重要です。

関連記事

  1. タンナ島を訪れるなら、これらの観光地を必ず訪れよう!

  2. 素晴らしいクライストチャーチの観光地を存分に楽しもう!

  3. ポートモレスビーの旅へ -豊かな自然と歴史的な街並みを堪能せよ-

  4. ニューカレドニアの最高の観光スポット、ヌメアを一足お先に体験せよ!

  5. フィジーのヤサワ諸島に来たら、海と熱帯の魅力を存分に!

  6. サンゴ礁の美しさをご堪能ください! コロールの旅情をお楽しみください!