タンナ島を訪れるなら、これらの観光地を必ず訪れよう!

タンナ島

日本からタンナ島の行き方

バヌアツのタンナ島へ行くためには、まず国際線で日本からオーストラリアまたはニュージーランドに行く必要があります。オーストラリアまたはニュージーランドでは、国内線を使ってバヌアツのメンバー島を経由してタンナ島へ行くことができます。 また、オーストラリアまたはニュージーランドの都市を出発地として、バヌアツのポートヴィラに行く航空便があります。ポートヴィラからは、フェリーまたは小型船でタンナ島へ行くことができます。フェリーは週3回程度で運航されており、航行時間は1時間半から2時間程度です。小型船の航行時間は、船種によって異なりますが、1時間から2時間半程度です。

おすすめの観光スポット

・タンナ・インドアリ・リゾート:タンナ島の中心部に位置する、ホテル、レストラン、プール、水族館、海でのレクリエーションなどを楽しめるリゾート施設です。
・タンナ・ナショナル・パーク:低湿原で覆われたタンナ島の南東部にあるナショナルパークで、日本からの生物影響を受けて植物が発達し、豊かな自然を楽しめます。
・タンナ・ビーチ:タンナ島には美しいビーチがたくさんあります。白い砂浜と、海の色が深い青色をした海を眺めながら、水泳やサーフィンなどを楽しめます。
・タンナ・ジャングル:タンナ島の東側にあるジャングルで、島の豊かな植物が見られます。森林内では、多くのきれいな自然を堪能できます。
・タンナ・ワイルドライフ・センター:タンナ島の北部にあるワイルドライフセンターでは、オセアニアの動物たちを観察できます。動物いじめを防ぐため、楽しみながら動物を見ることができます。

タンナ島を訪れたら食べたいおすすめの料理

・ミヤビ:島の名物料理で、マンゴーやキウイなどの果物を砂糖と椰子クリームで作った料理。
・ポン・ポンチー:タンナ島で有名なスープ料理で、鶏肉、魚、玉子、野菜などを煮込んだスープに、ご飯を加えた料理。
・チュロス:スペイン料理の一種で、小麦粉と卵、砂糖などを混ぜて作る揚げ物。
・タンナピラー:島の料理で、豚肉、果物、野菜などを蒸して食べる料理。
・パンチャー:島の伝統的な料理で、魚、肉、野菜などを混ぜたスープを、パンやチーズなどを混ぜて食べる料理。

タンナ島を訪れたら気を付けておくこと

1. 海の生物には近づかないようにしましょう。
毒針やサメなどの被害にあうのを防ぐために、海の生物と近づかないようにしましょう。
2. 水泳をするときは安全を確保するようにしましょう。
潮の流れが強いところや、魚が多い場所などは注意が必要です。また、見知らぬ海岸などを潜ったり、水泳をしたりするときは、安全を確保するために相手を周りにつけるなどの対策を取るようにしましょう。
3. 砂浜や岩場など水泳以外の海岸では、注意をして活動するようにしましょう。
海岸では、崖や砂浜などの高低差があることを確認し、場所を移動するときは十分な注意をして活動するようにしましょう。
4. 気象を注意して行動するようにしましょう。
タンナ島は暴風や暴雨など、突然の天候変化が起こることがあります。気象には十分な注意をして行動するようにしましょう。

関連記事

  1. フィジーのヤサワ諸島に来たら、海と熱帯の魅力を存分に!

  2. 海外旅行の新たな楽しみ!クック諸島のラロトンガ島をご紹介

  3. ニューカレドニアの最高の観光スポット、ヌメアを一足お先に体験せよ!

  4. サンゴ礁の美しさをご堪能ください! コロールの旅情をお楽しみください!

  5. ポートモレスビーの旅へ -豊かな自然と歴史的な街並みを堪能せよ-

  6. オーストラリア・ウィーンの大自然を堪能しよう!