モンゴルの首都「ウランバートル」を観光しよう

ウランバートル

日本からウランバートル行き方

ウランバートルはモンゴルに位置しています。日本からウランバートルへの主な移動方法は、飛行機です。主要な国際空港である東京、大阪、名古屋、福岡などから、モンゴルのウランバートル市への直行便が出発しています。もう一つの方法は、陸路の移動である、日本から中国を経由し、モンゴル国境を越えて移動すること。ただし、この移動方法は、国境を越えるために査証を取得する必要があり、また、交通手段も限られるため、少し面倒な移動方法になることがあります。

ウランバートルのおすすめ料理

モンゴルには、牛肉を主に使った料理が多く、ウランバートルでもそれらの料理が食べられます。

  • スハ:モンゴル料理の代表的な料理の1つで、牛肉を炭火で焼いた料理。スハは、それぞれの地域や家庭によって味や調理法が異なります。
  • バイタン: 牛肉や羊肉を湯で煮込んだ料理。
  • アンメイ・トップ: 牛肉を刻んで、油を使わずに炒める料理。
  • ツンデン・スープ: 牛骨に煮込んだスープで、その上に牛肉や野菜をのせる。

モンゴル料理は基本的に辛味が少なく、牛肉を使った料理が多く、日本料理とは異なる味を楽しめる。

ウランバートルのおすすめ観光地

ウランバートル市はモンゴルの首都であり、歴史的に重要な都市であり、観光地としても人気があります。以下は、ウランバートル市で観光するおすすめのスポットになります。

  • グングン・カラハリ: ウランバートル市の中心部に位置し、モンゴルの首都であることを象徴する場所。13世紀に建てられたグングン・カラハリは、モンゴル古代の政治、文化、宗教の中心地であり、また、現在もモンゴル国立博物館がある。
  • チバニ・ナム: ウランバートル市に位置し、モンゴル帝国時代の建物群が残る歴史的な場所。チバニ・ナムは、モンゴル帝国時代の王宮として使用され、現在は博物館として公開されています。
  • サラン・ハン・スクエア: ウランバートル市の中心部に位置し、モンゴルの文化、歴史、芸術などを紹介するスポット。サラン・ハン・スクエアには、モンゴルの文化的な象徴であるスフレートのスタチューなどが展示されています。
  • スーナ・ゴーチ: ウランバートル市に位置し、モンゴルの伝統的な文化を学ぶことができるスポット。スーナ・ゴーチは、モンゴルの伝統的な文化、芸術、音楽、舞踊などが展示されています。
  • カハル・クリスタル: ウランバートルから車で約30分のところに位置し、鉱山として知られている。温泉地としても有名で、鉱物が溶け出した温泉が湧いている。

ウランバートルで気を付けること

ウランバートルはモンゴルの首都であり、観光地としても人気がありますが、旅行する際にはいくつか気を付けることがあります。

  • 気候: ウランバートルは、気候が乾燥しているため、空気が乾燥し、水分を補給することが重要です。また、冬は寒いため防寒対策をしっかりとすることが必要です。
  • 水: ウランバートルでは、水道水は飲用には適していないため、ペットボトルの水を購入することをお勧めします。
  • 交通: ウランバートル市内は、大部分が歩道や路面が悪いため、歩行には注意が必要です。また、交通事故も多いため、自動車には特に気を付ける必要があります。
  • 健康: ウランバートルでは、医療施設が限られているため、予防接種を済ませ、必要な薬を持って行くことをお勧めします。
  • セキュリティー: 一般的に安全な場所ですが、夜は危険な地域もあるので気を付けることが必要です。また、貴重品は目立たないように持ち歩かない方が良い。

これらの注意点を守って、ウランバートルを楽しんでください。

日本からヤンゴン行き方を教えてください。

日本からミャンマー(元はバマ)の首都であるヤンゴンへの主な移動方法は、飛行機です。主要な国際空港である東京、大阪、名古屋、福岡などから、ミャンマーへの直行便が出発しています。 一般的には東京羽田空港や成田空港などから、ミャンマー航空などの航空会社が運行する便に乗ることができます。 また、陸路の移動も可能ですが、特に旅行者には推奨しません。

それに、ミャンマーは過去に経済的な困難があり、インフラ整備も進んでないため、移動やアクセスには困難があることが多いです。事前に予約や現地の予約なども行うことをお勧めします。

ヤンゴンおすすめ料理

ミャンマー(元はバマ)の料理は、味付けが濃く、スパイシーで、そして魚介類や海鮮を使った料理が多いです。ヤンゴンでおすすめの料理には、以下のものがあります。

  • Mohinga : 一般的にミャンマーの朝食として食べられる、米粉をベースにしたスープ。魚を使っていることが多く、味は魚介類の味がしっかりしています。
  • Shan Noodle : シェン族の伝統料理で、麺を使った料理。特に、麺とスープのバランスが美味しいと評判。
  • Laphet Thoke : フェット(発酵された米)をベースにした料理。様々な種類があり、特に発酵された米の味が楽しめます。
  • Curry : カレーをベースにした料理で、牛肉、鶏肉、野菜など様々な種類があります。
  • BBQ : 焼き肉を中心に、牛肉、鶏肉、海鮮などが提供されることが多い。

ミャンマー料理は基本的にスパイシーなので、辛いものが苦手な方は適量に楽しむことをお勧めします。また、現地のレストランでは英語メニューが少ないことが多いので、事前に調べたり、現地の人に助けてもらうことをお勧めします。

ヤンゴンおすすめ観光地

ヤンゴンはミャンマーの首都であり、歴史的に重要な都市であり、観光地としても人気があります。以下は、ヤンゴンで観光するおすすめのスポットになります:

  • スハン・デイン・パガー: ヤンゴン中心部に位置し、ミャンマーの歴史、文化、宗教の中心地であり、現在も博物館がある。
  • ヤンゴン・スカイツリー: ヤンゴンの中心部に位置し、360度のパノラマビューを楽しむことができるスポット。
  • チャウン・デイン・パガー: ヤンゴン市内に位置し、歴史的な建物群が残る場所。チャウン・デイン・パガーは、ミャンマー王朝時代の王宮として使用され、現在は博物館として公開されています。
  • カンダー・ダン・スクエア: ヤンゴンの中心部に位

置し、ミャンマーの歴史的な建物や芸術作品などが展示されているスポット。

  • マンダレー寺院: ヤンゴン市内に位置し、大量の観光客に訪れられる寺院。寺院の内部には、高い技術が見られる、多くの彫刻や絵画があります。
  • チャンギ国際空港: ヤンゴンの中心部から車で約45分のところに位置する、国際空港。空港には、ショッピングモールやレストランなどがあり、空港内での時間を楽しむことができます。
  • ビーチリゾート: ヤンゴンから車で約2時間のところに位置するビーチリゾート。海を眺めながらのバ

関連記事

  1. タイの南部の麗しいパタヤの、美しい海と文化を体験する

  2. 韓国の魅力に満ち溢れた、海と歴史が交差する釜山

  3. ミャンマーの魅力が詰まった都市・ヤンゴンを訪ねて

  4. ベトナムの首都・ホーチミンを巡る旅

  5. タイ北部の隠れた美しい街、チェンマイで豪華な寺院巡り!

  6. インド旅行初心者におすすめ!現地のムンバイの観光スポット